トップへ戻る
健診カレンダー
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
お休み 婦人科検診実施日
土曜日は午前のみ診察
翌月以降の検診日は、カレンダー右隣の『健診カレンダー』をクリックしてご確認ください。

診療情報の開示について

当会の管理する開示対象個人情報については、ご本人様により開示請求・訂正・削除・利用停止等及び苦情を申し出ていただく事が可能です。開示等については、下記「個人情報開示申請書について」をご覧下さい。

1.診療情報の利用目的
1 受診者様・患者様へ適切な医療サービスの提供のため
2 診療所事務・管理を適切に行うため
3 法令・行政上の業務の対応のため
4 保険請求業務のため
5 ご家族への病状説明のため

上記に示した以外に、医療の質向上や医療従事者の育成を目的として、次のような利用を行う場合があります。
1 当会内部において行われる医学・看護学等症例研究
2 当会内部において行われる院内事故防止、及び医療の質向上のための研究
3 当会内部において行われる学生の実習への協力
4 外部監査機関への情報提供

2.手続き
診療情報の開示は、原則としてご本人に開示します。予め、諸手続きが必要となりますので相談窓口にお申し出下さい。ご本人以外の方が、診療情報の開示を希望される場合は、ご本人のプライバシーを尊重することから確認手続きが必要です。いずれにしても開示できない場合は、その理由をご説明させていただきます。
開示手続きについては以下の書類が必要です。

1)診療情報開示申請書(ホームページに様式が用意されています)

2)本人又は代理人であることを確認できる公的文書(免許書など)

3.相談窓口
個人情報に関するお問合せは、各部署責任者又は以下の窓口をご利用下さい。

プライバシーマーク医療法人 一翠会  理事長 奥田 良和
個人情報保護管理者 総務部 斉藤 慎也
個人情報相談窓口:06-6923-5516

個人情報開示申請書について

個人情報の開示は、原則としてご本人様に開示します。
郵送は本人確認が出来ないためご遠慮ください。
ご本人以外の方が個人情報の開示を希望される場合はプライバシーを尊重するため確認の手続きが必要です。

1) 個人情報の開示等の手続について
当会は、JIS Q 15001:2006に定められている開示対象個人情報について、本人またはその代理人からの利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止または消去、及び第三者への提供の停止(以下「開示等」という。)を求められた場合は、次のとおり受け付けるものとする。

(1) 開示等の求めの受付窓口
開示等の求めは、下記の「個人情報に貸し出し窓口」にて受付を行う。

【個人情報に関するお問い合わせ窓口】
巡回健診にて受診の受診者様
〒534-0014 大阪市都島区都島北通1-13-24
医療法人 一翠会 法人本部 
TEL:06-6923-5516(平日9:00〜17:00) 個人情報開示窓口

千里中央健診センターにて受診の受診者様
〒560-0082 豊中市新千里東町1-5-3 千里朝日阪急ビル3F
医療法人 一翠会 一翠会千里中央健診センター
TEL:06-6872-5516(平日9:00〜17:00 土曜日9:00〜13:00不定期火曜日休み)
個人情報開示窓口

みどりクリニックにて受診の受診者様
〒560-0082 豊中市新千里東町1-5-3 千里朝日阪急ビル3F
医療法人 一翠会 みどりクリニック
TEL:06-6872-5851(平日9:00〜17:00 土曜日9:00〜13:00不定期火曜日休み)
個人情報開示窓口

(2) 開示等の求めに際してご提出いただく書面(様式)等
開示等の求めを受け付けた場合は、「個人情報開示等請求書」を手渡し、郵送、ダウンロード、電子メールまたはFAXにて依頼者に交付する。「個人情報開示等請求書」は所定の事項を全て記入の上、本人確認のための書類(※)を持参してもらい、来社のうえ提出していただく。
(※)本人確認のための書類
運転免許証、健康保険の被保険者証、外国人登録証明書、住民基本台帳、パスポート、印鑑証明書と実印)のいずれか1点。

(3) 代理人による開示等の求め
開示等の求めを受診者様の代理人から受け付ける場合は、請求者との関係を確認し、「個人情報開示等請求書」の代理人欄に署名してもらう。また下記の書類を添付していただく。
請求者及び代理人の本人確認資料(※)、請求者の委任状(開示請求の前30日以内に作成されたもの)

※代理人とは、

(1)未成年者又は成年被後見人の法定代理人

(2)開示等の求めをすることにつき本人が委任した代理人

(3)患者が成人で判断能力に疑義がある場合は、現実に患者の世話をしている親族及びこれに準ずる者(診療情報の開示)を指す。